連結撮影 Pro

連結撮影 / ホワイトバランス / ライブラリ / レンズ補正

世界で最先端の連結撮影ソリューションにより、撮影時にすぐにイメージをインポートして表示します。リモートでカメラ露出設定を調節し、キャプチャー中に調節および複数のスタイルを適用し、Capture Pilotアプリケーションを使用して、iPad、iPod TouchおよびiPhoneに接続します。

連結セッションの開始

  1. 「ファイル」 > 「新規セッション」を選択します。
  2. タイプドロップダウンメニューで、「連結」を選択します。
  3. セッションの場所および個別のセッションフォルダの名付けを点検します。
  4. サポート対象カメラに接続します。

Phase One、MamiyaまたはLEAFデジタルバックからの連結撮影

  1. 連結セッションを開始します。
  2. Phase OneデジタルバックをFireWireケーブルで接続します。
  3. Capture Oneがすぐにバックを認識します。
  4. 好みのISOおよびファイルフォーマットを設定します。
  5. キャプチャー」ボタンを押します。
  6. ホワイトバランスを設定します。
  7. キャプチャー設定」の設定を点検します。
    最後からコピー」を選択すると、設定が前のキャプチャーからコピーされ、セッション内でできあがるイメージが類似した見掛けになります。

連結写真のホワイトバランス設定

  1. 連結セッションの最初のショットを撮影します。
  2. カメラツールでホワイトバランスアイコンを押します。
  3. ホワイトバランスピッカーを使用して、イメージファイルのニュートラルエリアからホワイトバランスを設定します。
  4. 必要なホワイトバランスが達成できたときに、設定ボタンを押します。

テストショットの撮影

  1. 「カメラ」 > 「校正モード」を選択するか、校正モードアイコンを押します。
  2. 校正モードは、Xアイコンがビューアに表示されるとすぐに起動します。
  3. テストショットファイルを守るため、校正モードを解除します。

注:校正モードで得られたそれぞれの新しいキャプチャーにより前のキャプチャーが上書きされます。このモードにより、複数のテストショットをハードドライブスペースをいっぱいにすることなしに撮影できます。

自動回転

  1. 「カメラ」 > 「方向」を選択します。
  2. 好みの回転方向を設定します。

注:初期のPhase Oneデジタルバックモデルは、センサーの方向を統合しません。一部の場合には、他のPhase One Backsのオーナーが方向センサーでサポートされない角度で撮影することがあります。これは、ほとんどの場合、カメラが下向きで同時に回転しているときに発生します。

Phase One IQ、PおよびP+シリーズBacksには、統合型イメージ方向センサーが付属しています。645フォーマット用のHバックもこのセンサーがあります。

「カメラ」 > 「方向」を選択して、キャプチャーを自動的に回転させます。

方向機能は単に回転させるだけでなく、イメージの方向情報を上書きするという点をここで強調しておくことが大切です。このため、別のCapture Oneユーザに移動するときに、方向がイメージファイルに保存されます。

ライブビューでの作業(Phase One、LeafおよびMamiyaデジタルバック専用)

  1. 連結セッションを開始します。
    (「ファイル」 > 「新規セッション」を選択します。)
  2. Phase OneデジタルバックをFireWireケーブルで接続します。
  3. Capture Oneがすぐにバックを認識します。
  4. 「ウィンドウ」 > 「ライブビュー」を選択するか、ライブビューアイコンを押します。
  5. 絞りを設定します。
  6. シャッター時間をBULBまたはTIME機能に設定します。
  7. ライブビューは、シャッターを開くとすぐに開始します。
  8. RGBアイコンを押して、RGBとモノクロビューを切り換えます。
  9. 明るさおよび画質を好みに応じて調節して、シャープネスを設定します。
  10. ホワイトバランスピッカーを使用してホワイトバランスを設定します(ホワイトバランスはライブビュー専用です)。
  11. オーバーレイツール(追加ファイルを使用)を起動して、たとえば、比較イメージを撮影したり、特定のレイアウトに従って比較を助けます。
  12. 比較を調節します。
  13. シャープネスを設定します。
  14. ライブビューウィンドウを閉じて、イメージを露出するために正しいシャッタースピードを設定します。

ライブビューは、スタジオ環境で作業するために作られており、Capture Oneソフトウェアに完全に統合されています。ライブビューを屋外で使用する場合や、カメラを光源に直接向けた場合は、調整スライダーのパラメータを超えてプレビューが露出オーバーになることがあります。

Nikon/Leaf用のアスペクト比/SensorFlex機能の起動

アスペクト比およびSensorFlexオプションは、Leaf Aptus 212および210デジタルバックおよびNikon DSLR用の多数のクロップ選択肢です。何らかの選択を行うと、センサーがクロップされ、クロップ外に記録された情報は復元できなくなります。

連結撮影の詳細

P 20+、P 21+、P 25+、P 30+、P 45+、P 40+、P 65+デジタルバックでは、ライブビューをすぐに使用できます。P 21、P 30およびP 45デジタルバックでは、ハードウェアのアップグレードとしてライブビュー機能を購入できます。ライブビューは、LEAFおよびMAMIYAデジタルバックの限定オプションの場合があります。

カメラ本体のサポート
以下のカメラ本体はライブビュー機能をサポートします:

  • Phase One 645DF 
  • Phase One 645 AF 
  • Hasselblad Hシリーズ
  • Hasselblad Vシリーズ
  • Mamiya 645AFDおよび645AFD II
  • Mamiya RZ67 Pro IIおよびPro IID
  • Contax 645

テクニカルカメラ(4x5):

  • Arca Swiss、Cambo 4x5
  • Rollei Xact
  • Linhof M679/4x5
  • Toyo
  • Sinar
  • Plaubel & Horseman

広角度:

  • Horseman SWD
  • Cambo Wide DSおよび35 mmサポート付きアダプタの範囲

シャッター設定
テクニカルカメラおよび広角度カメラ:完全開放モードまたはストップダウンモードでカメラを使用します(お好みのf-ストップで設定されたシャッターで)。

中判カメラ:シャッターを開き、カメラシステムの選択に応じて、BまたはTモードのままに保ちます。

  • Hasselblad H:T-モード
  • Hasselblad V:B-モード
  • Phase One/Mamiya 645:B-モード
  • Mamiya RZ67 Pro IIおよびPro IID:T-モード
  • Contax 645:B-モード

ライブプレビュー要素:

  • 再生。
  • 一時停止している場合は、ライブビューを開始します。

回転オーバーレイOn
オーバーレイ機能でチェックマークと独立してオーバーレイのオン/オフを切り換えます。

アラインメント機能 
この機能は、アラインメントツールのオン/オフを切り換えます。

RGB 
カラーまたはモノクロのプレビューを選択します。モノクロイメージは、カラー締め-時と比較して粒子が粗く表示されることがあります。

環境設定
環境設定へのショートカットです。キャプチャータブは、ライブビューの一時停止設定を調整できる場所です。

カスタマイズ
このアイコンを押すと、ライブビューのユーザーインターフェイスをカスタマイズできます。

リフレッシュ
ライブビューに従ってナビゲーションウィンドウをリフレッシュします。

明るさ
ライブビューのイメージが暗すぎたり明るすぎたりする場合は、明るさスライダーを調節します。

画質
ライブビューの画質を調節します。画質レベルを高くすると、イメージの更新速度が遅くなります。

フレームレート
ライブビューウィンドウの実際のフレームレートを表示します。

オーバーレイ
オーバーレイは、イメージ構成のガイドとして役立ちます。オーバーレイを参照してください。

イメージシーンの設定
適切な露出を設定すると、被写体を構成できます。構成のガイドとして、四角いグリッドをオンにすることができます。グリッドラインの色および数は、環境設定から調節できます。

ワークフローをさらに向上させるために、オーバーレイイメージをロードして、ガイドラインとして使用してショットを構成することができます。オーバーレイの不透明度はオーバーレイパネルで設定可能です。

ハンドカーソルツール
このツールは、標準ハンドカーソルツールとして機能します。必要に応じてダブルクリックして100%に拡大し、クロップを移動します。

ズームカーソルツール
このツールは、標準ズームカーソルツールとして機能します。イメージの特定の部分をクリックすると拡大します。Altキーを押してからイメージをクリックすると縮小します。

ホワイトバランスカーソルツール  
ホワイトバランスが不正確な場合は、ライブビューウィンドウの灰色エリアをクリックすることで、新しいホワイトバランスをこのツールで設定できます。この新しいホワイトバランス設定は、ライブビューウィンドウだけに適用されます。

ライブプレビューの一時停止 
フォーカスウィンドウを見ながら、フォーカスを調整します。フォーカスの調整ができたら、一時停止ボタンを押します。

ドラフトへの撮影

  1. 連結セッションを開始します。
    (「ファイル」 > 「新規セッション」を選択します)。
  2. 連結写真用にカメラを設定します。
  3. ライブビューを起動します。
  4. 参照アイコンを押して適切なファイルを選択するか、単純にファイルを指定されたエリアにドラッグアンドドロップして、オーバーレイウィンドウにドラフトファイルを挿入します。
  5. 選択したドラフトファイルのレイアウトまたは構成に従って被写体を調節します。
    または、ドラフトファイルの位置を被写体に調節します。

または

  1. 連結セッションを開始します(「ファイル」 > 「新規セッション」を選択します)。
  2. 連結写真用にカメラを設定します。
  3. クロップツールタブを開きます。
  4. 参照アイコンを押して適切なファイルを選択するか、単純にファイルを指定されたエリアにドラッグアンドドロップして、オーバーレイウィンドウにドラフトファイルを挿入します。
  5. 構成モードアイコンを押して、テストショットを撮影します。
  6. ドラフトファイルやテストショットを調節して、互いに一致させます。

注: ドラフトファイル(スケッチ画など)はRAW、TIFF、JPEGまたはPDFにする必要があります。Windowsユーザーは、JPEG、TIFF、BMP、PNGまたはGIFを使用できます。

連結写真撮影で表示するイメージの調整

  1. 「カメラ」 > 「撮影データの自動選択」を選択します。
  2. 新しいキャプチャーのアップデート速度を選択します。
  • 行わないを選択すると、選択された一次バリアントが表示されます。
  • すぐにを選択すると、(すべてのシャープ計算が完了する前に)できるかぎり早く新しいキャプチャーが表示されます
  • 準備完了次第を選択すると、すべての自動調整が完了するとすぐに新しいキャプチャーが表示されます。
  • 自動停止を選択すると、連結セッションの継続中に選択された一次バリアントを表示できます。

メモリーカードからイメージをインポートするとき、または連結撮影を行うときのグローバル自動調整パラメータの適用

  1. 連結撮影を行うときに、キャプチャータブにアクセスして、キャプチャー設定の中の「自動アラインメント」オプションにチェックマークを付けます。
    (自動アラインメントオプションは、回転およびキーストーンだけを修正します)
  2. メモリーカードからイメージをインポートするときは、イメージのインポートウィンドウの中の調整ツールの中にある自動調整にチェックマークを付けます。

詳細

露出評価(キャプチャーツールタブの中)では、最新のキャプチャー済みRAWファイルのヒストグラムが表示されます。RAWファイルにその後行われた調整は、ツールタブにあるヒストグラムに反映されます。しかし、露出評価ヒストグラムは、RAWファイルを参照するために、元のキャプチャーされた状態に留まります。

露出メーターは、露出評価ヒストグラムグラムのすぐ下にあります。このメーターは、中心荷重測定に基づきシャッター値で計算された露出アンダー/オーバーを表示します。

露出メーターは、スタジオまたはロケで連結撮影を行うとき、露出値を簡単に見積もることができるように、長距離からでも簡単に見られるように設計されています。
 
ホットフォルダの使用
サードパーティカメラ用のリモートキャプチャーおよびコントロールソフトウェアをインストールしている場合(ヒントボックスを参照)、ホットフォルダ機能を使用すれば、キャプチャーをほぼ即座にCapture Oneに表示することができます。このメニューはカメラメニューから起動します。Capture Oneはフォルダに最後に追加されたイメージを自動的に表示します。

撮影中のイメージ比較
連結撮影(またはホットフォルダを使用した撮影)を項目比較機能と組み合わせることで、左右に並べて比較するために同時に複数のイメージを表示することができます。好みのイメージ(すなわち比較項目)を一方に配置し、新しいキャプチャーを他方に配置することで、選択したショットと最新のキャプチャーを簡単に比較することができます。

連結セッション中のICCプロファイルの変更
ICCプロファイルはいつでも変更できます。一部のサポート対象カメラには、複数のICCプロファイルがあり、プロの写真家が体験するさまざまな撮影シナリオでイメージを最適化するために設計されています。

使用している以外のカメラのICCプロファイルを選択した場合、キャプチャーが劣化することがあります。色の解釈は、カメラメーカーおよびモデルによって大幅に異なることがあります。

ヒント:ホットフォルダ機能を使用して、サードパーティー製カメラで撮影したイメージをCapture Oneでキャプチャーするには、一般にカメラメーカーが提供している指定(キャプチャー)ソフトウェアが必要です。このサードパーティソフトウェアはCapture Oneには含まれていません。