グローバルアプリケーション環境設定

環境設定 / カスタマイズ

Capture Oneの環境設定では、ワークフローの助けになるようにアプリケーションをカスタマイズできます。

「Capture One」 > 「環境設定」を選択するか[Mac]もしくは「編集」 > 「環境設定」を選択して(Windows)、Capture Oneのグローバルアプリケーション環境設定を編集し各ユーザーに合わせることができます。

一般
マウスのスクロールホイールの機能を調整します。その他のオプションには、新規セッションを新規ウィンドウで開くかどうかがあります。

外観
ビューアの背景パターンおよび色は、グレイ、白および黒のさまざまなシェードに調整できます。Capture Oneのデフォルトは、暗いニュートラルな背景です。

余白のサイズおよび部分調整マスクの色もここで調整できます。

イメージ
イメージの環境設定を開いて、 さまざまな種類のファイルの機能または処理を調整します。

キャッシュスライダーは、プロキシファイルのサイズを設定するために調整できます。プレビューイメージのサイズが大きければ大きいほど、クイックプルーフ出力レシピおよびCapture Oneが生成するプレビューイメージの品質が高くなります。しかし、キャッシュ設定を大きくすると、プレビューおよびサムネイルをアプリケーションに読み込む時間が長くなります。

.EIPワークフローが望ましい場合は、EIP圧縮オプションの1つにチェックマークを付けます。EIP圧縮は、インポートまたはキャプチャーで自動的に行うことができます(Phase Oneデジタルバック専用)。

多くのユーザーは、RAWとJPEGの両方を同時に撮影します。JPEGとTIFFで作業しないように、これらのファイルは表示できても編集できないように編集オプションを削除します。

メタデータ:異なるアプリケーションで作業するときは、メタデータはさまざまな方法で保存されます。好みのオプションを選択してください。選択を行っていない場合は、Capture Oneに入力されたメタデータがサードパーティー製のメタデータに優先されます。

キャプチャー
Phase Oneデジタルバックから、IIQまたはRaw TIFファイルという、標準拡張子を選択します。TIF拡張子は以前のアプリケーションと互換性があるためデフォルトとなっています。TIF拡張子はRAWファイルであり、たとえばPhotoshop®で知られているTIFフォーマットではないという点を強調することが大切です。

シャッター設定で、背景とカメラのタイミングが制御されます。パワーモードおよびミラーアップはどちらも以前のPhase Oneバックに関連しています。

このセクションの残りの2つのドロップダウンメニューで、Leafデジタルバックを使用するときのカメラモデルを選択し、ライブプレビューのために一時停止を30秒から20分まで調整できます。

プロバイダーセクションからチェックマークを取り去ると、個別のカメラブランドをコンピュータに接続したときのCapture Oneの自動起動が停止します。

カラー
マッチング方法ドロップダウンメニューからオプションを選択します(マッチング方法は、ある色から別の色への変換を意味します)。

知覚的(デフォルト)
元のイメージの1つまたは複数の色が色空間の全領域の範囲外にある場合に、あるデバイスの色空間の全領域を別のデバイスの色空間の全領域に圧縮します。これにより、色空間全体を縮小し、領域に入っている色も含めてすべての色をシフトすることで、色同士の視覚的な関係を保ちます。

彩度
ターゲットのデバイスの色空間に変換するときに、元のイメージ色の彩度(鮮明度)を再現します。このアプローチでは、色の相対彩度はある領域から別の領域へ保たれます。この目的表現は主にビジネスグラフィック用に設計されています。ビジネスグラフィックにおいては、色同士の正確な関係(写真のイメージなど)は明るい、彩度の高い色ほど重要ではありません。

相対比色分析
現在の色空間の色がターゲットの色空間の領域外である場合、ターゲットの色空間の領域内で最も近い色にマッピングされますが、領域内の色は影響を受けません。出力先の領域の外側にある色だけが変更されます。この目的表現により2つの色を生じさせることができます。これらの色はソースの色空間で異なるように見え、ターゲットの色空間と同じように見えます。これは「クリッピング」と呼ばれます。相対比色分析はPhotoshop 4.0以前のバージョンに内蔵された色変換のデフォルトの方法です。

絶対比色分析
色は、ホワイトポイントまたはブラックポイントについての調整なしに正確に一致します。これによりイメージの明るさが変更されます。絶対比色分析は「テーマカラー」を表現するため価値があります。「テーマカラー」とは、たとえばEastman Kodak Company™により使用されている黄色、Coca-Cola Company™により使用されている赤色など、市販製品に応じて高度に識別されている色です。

露出
シャドウおよびハイライトスライダーを調整して、露出警告の値を設定します。Capture Oneで有効にしたときは、設定値から外れる部分がカラーオーバーレイで表示されます。

デフォルトでは、ハイライト警告値は250であり、シャドウ警告はオフになっています。
ハイライトおよびシャドウーの色つき部分をダブルクリックすると、オーバーレイの色が変わります。デフォルトのハイライト色は赤色で、シャドウは青色です。

クロップ
クロップツール環境設定を調整します。マスクを表示するときを選択し、クロップ外の部分の不透明度および明るさレベルを調整します。また幅広い選択可能なフレーム、ラベルおよびグリッドのオプションがあります。また、クロップマスクおよびガイドラインの色も変えることができます。

フォーカス
フォーカスマスクは調整して、望ましいシャープネスのしきい値設定を増減できます。色(デフォルトはライムグリーンです)および不透明度も調整できます。

アップデート
このタブは、登録済みおよび未登録のCapture Oneアプリケーションを表示します。Capture Oneのアップデートをチェックする頻度もここで選択できます。

Capture OneはすべてのPhase One製品を自動またはプロンプトで登録できます。製品を登録することで、将来の製品およびソフトウェア機能の開発を支援できます。

アップデートが利用可能になったときは、ダウンロードして現在インストールされているアプリケーションに上書きしてインストールするべきです。

警告

通知が必要かどうか、通知する時、および実行すべき特定のアクションを選択します。ファイルとフォルダ、調整、お気に入り、オプション、およびMedia Proセクションのボックスにチェックマークを付けて、たとえばイメージを完全に削除しようとするときに警告が表示されるようにできます。