フォルダ

フォルダ / スマートアルバム / レート / フィルタ / メタデータ

インポータダイアログボックス(「ファイル」 > 「イメージのインポート」)を使って、メインドライブ上のフォルダにイメージをインポートすることを推奨します。レート、カラータグまたはフィルターを使用して、イメージを整理することができます。

「選択フォルダ」(移動先フォルダ)は任意のフォルダに割り当てることができ、あるフォルダから別のフォルダにイメージをすばやく転送するときの一時的な転送先にできます。「移動先フォルダ」機能は、複数の他のイメージのグループを参照しながら、最良のイメージを編集して異なるフォルダに移動するときに特に役立ちます。

最初に新しいフォルダを作成して名前を付けます(右クリックして 「新規フォルダの追加」)。次に、このフォルダをセレクトフォルダフォルダに割り当てます(右クリックして「セレクトフォルダとして設定」)。これで、イメージのグループを参照して、新しいフォルダに追加したいイメージを見つけたときはいつでも、セレクトフォルダアイコン(左上のツールバーにあります)をクリックすることができます。イメージを物理的に移動しない場合は、イメージの参照のグループを表すためにスマートアルバムを作成します。

レーティングおよび移動が完了した後、クライアントに対してJPEGの校正用ファイルを提出するか、またはWebコンタクトシートを作成する前に、最良のイメージをすばやく最適化することができます。Capture OneのWebコンタクトシート機能により、クライアントに送信するWebギャラリーを作成できます(「ファイル」 > 「Webコンタクトシートの作成」)。Webコンタクトシートは、イメージの他に、キャプションおよび著作権情報を示します。これらの情報はファイルのインポート時に追加できます。

アルバムおよびフォルダ
アルバムフォルダは仮想イメージコレクションです。新しいアルバムを作成するには、「ファイル」 > 「新規アルバム」をクリックします。また、ライブラリツールを右クリックする(そして新規アルバムを選択する)か、ライブラリパネルの下部にある新規アルバムオプションを押します。

よく使うフォルダを作成することで、特定にフォルダにすばやくアクセスできるようにします。 よく使うフォルダは、すばやくアクセスするためにキャッシュされます。

一般に、イメージをフォルダにドラッグすることができます。オペレーティングシステムがこの動作をサポートしている場合、イメージはCapture Oneのフォルダからファイルシステムのフォルダにドラッグすることも、その逆も可能です。単純なフォルダまたはよく使うフォルダ以外の、スマートアルバムにイメージまたはイメージのグループをドラッグすることはできません。

スマートアルバムを参照してください。