メタデータ

メタデータ / プリセット / レート / フィルタ

メタデータツールを使用すると、カメラから記録された基本メタデータに加えて、キーワードおよび特定の情報を挿入することができます。ユーザー独自のメタデータプリセット(値の集合体)を作成することもできます

写真を整理するときやメタデータは非常に役に立ちます。またイメージの種類や写真作成者を示すことで単に写真に情報を追加するためにも使用できます。ユーザー独自のメタデータスタンプ(著作権、顧客プロファイルなど)を設定して、複数の写真に適用することができます。

メタデータタブにキーワードを挿入することでメタデータを追加します。また、スタイルまたはプリセットを適用することで、メタデータをイメージに追加します。メタデータプリセットは、多数のプリセットを含むスタイルとして適用できます。または1つのメタデータカテゴリからのメタデータを含む1つのプリセットとして適用できます。

メタデータプリセットの作成

  1. メタデータタブを開いて、1つ以上のメタデータカテゴリにキーワードおよび情報を挿入します。
  2. 小さなプリセットアイコンをクリックしてユーザー プリセットを保存を選択します。
    プリセットを保存ウィンドウが開きます。
    注:プリセットを保存ダイアログボックスで、イメージから取り去りたい特定のメタデータ詳細のチェックを外すことができます(削除の詳細は下を参照)。
  3. 不要なメタデータ値のチェックマークを外して、保存ボタンを押します。保存ダイアログが開きます。
  4. 名前を付けてプリセットを保存します。

これでメタデータプリセットを作成しました。保存するメタデータプリセットの数に制限はありません。任意の数のプリセットを任意の数のイメージに適用できます。これはスタックされたプリセットと呼ばれます。スタイルとプリセットを参照してください。

特定のメタデータを出力ファイルから削除

  1. 出力タブを開いて、現像設定の中の詳細設定タブをクリックします。
  2. 出力ファイルに中に含めないメタデータカテゴリのチェックマークを外します。
    これで現在の現像設定が更新されて、チェックマークのあるカテゴリだけが含まれるようになります。

Getty Imagesメタデータフィールドの手動または自動追加

  1. メタデータツールを開いて、Getty Imagesタブを選択します。
    貢献者Getty Images固有フィールドにここで入力します。
  2. またはマネージプリセットアイコンをクリックして、「プリセットをインポート...」オプションを選択します。
    これで、関連するファイル(.txtなど)を選択すると自動的にメタデータ情報が追加されます。

「自動的にサイドカーXMPを同期」の起動または選択解除

  1. (上部のメニューバーで)Capture Oneを開いて環境設定を選択します。環境設定ダイアログボックスのイメージアイコンをクリックします。ここで、(メタデータセクションの中の)「自動的にサイドカーXMPを同期」ドロップダウンメニューから3つのオプションの1つを選択します。

注:すばやくリロードまたはメタデータ同期を行うには、メタデータツールを選択し、アクションメニュー(下向き矢印)アイコンをクリックし、2つのオプションの1つを選択します。

詳細

メタデータはCapture One設定ファイルに保存され、必要に応じて出力ファイル(JPGなど)に埋め込むことができます。ファイル名、レーティング、キャプションおよび著作権などの基本メタデータは変更できます。また、写真をインポートするときにもキャプションおよびコピーライト情報を設定できます。一群の写真を現像したりWebコンタクトシートを処理する必要があるときに、こうすることで時間を節約できます。場合によっては、出力ファイルからメタデータを削除する必要が起こることがありますが、これは現像設定を作成することで実現できます。

XMP(Extensible Metadata Platform)のような標準メタデータフォーマットのRAWファイルに関連したメタデータがある場合は、Capture Oneが自動的にメタデータをリロードし、.XMPサイドカーをすでにCapture Oneで作成済みのメタデータと結合します。

Capture Oneは、Embedded EXIF、Embedded IPTC-IIM、Embedded XMPおよび.XMP Sidecarファイルという4種類のフォーマットでメタデータを読み込みおよび保存できます。これらの4種類のメタデータは自動的に更新され読み取られます。

リロードおよび自動ロード
メタデータツールのアクションメニューでリロードを押すことで、外部アプリケーション(Media Proなど)でメタデータに行われた変更を表示できます。

「編集」 > 「環境設定」 > 「イメージ」 > 「メタデータ」から自動読み込みチェックボックスをクリックすることで、メタデータを自動読み込みするようにCapture Oneを設定できます。またバリアントとXMPサイドカーの間でメタデータを同期することもできます。望ましい同期オプションがチェックされていない場合は、ソフトウェアはサイドカーの値を使用します。そうでなければ、Capture Oneの内蔵値が適用されます。