Capture Oneの色

色 / イメージを現像 / 現像設定

Capture Oneは内部および出力用の2つの方法で色を扱います。

Capture Oneは非常に大きな色空間を使用します。これはカメラセンサーによってキャプチャーされる色空間に近いものです。大きな色空間を使用することにより、色データのクリッピングがほとんど発生しません。クリッピングとは、イメージの特定の領域のイメージ情報が失われることです。1つ以上の色値がヒストグラム(出力ファイルの色空間)より大きいときにクリッピングが発生します。

ワークフローの最後の部分で、定義された色空間の中で、RAWデータをピクセルベースのイメージファイルに変換する必要があります。この空間は、Capture Oneが内部処理用に使用する色空間よりも小さいものです。処理中に一部の色データが廃棄されます。このため、小さな色空間に変換する前に、イメージに対して色補正および最適化を実行することが重要となります。

Capture Oneは、カメラで生成されたRAW情報、ファイルヘッダ、および設定ファイルを読み取ることによって正確な色を提供します。

どのカメラモデルが使用されたかをCapture Oneが確定すると、RAWファイルがカラープロファイルに割り当てられます。RAWデータがCapture Oneの内部作業カラースペースに翻訳されて、ここで編集を適用できます。

処理段階では、イメージデータはICCプロファイルによって、Adobe RGBやsRGBなどの業界標準の色空間に対応するように変換されます。

目的とカラースペース

色出力の設定
Capture One Expressは任意のRGBカラースペースに出力できますが、Capture One PROはCMYKも出力できます(ICCプロファイルがローカルマシンで利用可能であることが必要です)。

Webの場合
Webサイトに発行する予定のイメージは、sRGBカラースペースで現像する必要があります。色管理ができるWebブラウザは少なく、イメージの繊細さが失われるだけでなく、間違って表示されることもあるためです。

印刷の場合
印刷するイメージは、クライアントまたはラボの要件に合わせて出力する必要があります。Adobe RGBカラースペースは大型のカラースペースであり、sRGBよりも幅広い領域の色を表現できます。このためRGBが、詳細にわたる現像およびレタッチを受けることが多いイメージでは好まれる選択肢です。

カメラプロファイリング
ICCカラープロファイルを処理済みファイルに埋め込んでおくと(「ICCプロファイル」 > 「カメラプロファイルを組み込む」)、イメージデータの色が変更されるのを防止できます。これはカメラプロファイルを作成するときに特に重要です。

修正/操作
徹底的なレタッチおよび操作を受ける予定のイメージファイルは、16ビットからProPhoto RGBで現像し出力することをお勧めします。これはAdobe RGBよりもさらに大きなカラースペースです。

CMYK色空間
Capture One Proでは、最も一般的なCMYKカラースペースを選択できます。ポストプロダクションでこのカラースペース変換を適用する代わりに、写真家が現像時にCMYKに変換することで画質を保つことができます。CMYKは現像タブで制御されます。

カラースペースの制御

デフォルト設定では、強調表示された現像設定で選択されたカラースペースでビューアにイメージが表示されます。

オフセット印刷の画質を保つために、CMYK現像設定を強調表示します。色はすぐに現像設定のカラースペースに変換されます。最終修正を実施してから現像を行います。

「表示」 > 「プルーフプロファイル」を使用することで、固定カラープロファイルを選択できます。カラースペースの間で色が大幅に変動することがあります。このため、出力する予定のカラースペースで編集することをお勧めします。

パーマネントカラースペースの設定

  1. 「表示」 > 「プルーフプロファイル」を選択します。
  2. ビューアで常時使用するために必要なプロファイルまたは出力レシピを選択します。

注:ビューアに表示されるパーマネントカラープロファイルは、実際の出力イメージよりも少し異なる色になることがあります。