部分調整

Local Adjustment / 露出 / カラーエディタ / シャープ / モアレ

[部分調整]ツールタブでは、レイヤーを作成して、画像の特定のエリアで作業できます。

はじめに

部分調整は、画像の選択したエリア(露出オーバーな特定のエリアなど)を調節するために使用できます。レイヤーを追加してブラシを選択することで作業を開始します。ブラシサイズおよび硬さ、部分調整の消去を変更し、部分調整設定をカスタマイズすることができます。(例: サイズ中にマスクの表示のみを行う)。

部分調整ツールでチェックマークをオフにすることでレイヤーを無効にできます。背景レイヤーは無効にしたり削除したりすることはできません。背景レイヤーを選択すると、イメージ全体にグローバルな変更を適用できます。

Video tutorial: Local Adjustments

Learn about local adjustments in this video tutorial. (Click on the image to the right). Capture One Pro 7 comes with improved and even more powerful options for doing Local Adjustments. The non-destructive Local Adjustments let you edit selective parts of an image for unlimited creative control and results. You can handle the most common retouch jobs with a few strokes and control colors, exposure, contrast, brightness, saturation, sharpening and moiré in targeted areas of your image.

新しいレイヤーの追加または削除

  1. 部分調整ツールタブを開きます。
  2. プラス/マイナスアイコンをクリックして、レイヤーを作成または削除します。
  3. レイヤー に名前を付けるか、 [戻る]を押すと、[レイヤー1、2、3…]と言うように名前が付けられます。

注:現在選択されているレイヤーは、オレンジ色で強調表示されます。

レイヤーにマスクを描画して部分調整を適用

  1. 部分調整ツールタブを開きます。
  2. [部分調整]ツールでレイヤーを選択します。(有効になるとオレンジ色になります)。
  3. 部分調整ツールまたはカーソルツールバーでブラシアイコンを選択します。ブラシアイコンを長押しして、常にマスクを表示または設定中のみマスクを表示オプションを選択します。カーソルが十字印の付いた(二重)円に変わり、ブラシの中心を示します。
  4. 画像にマスクを描きます。選択部分が半透明の赤で表示されます。部分調整の消去を選択し、半透明の赤い部分の上から線を描いて、マスクの不要な部分を削除します。
  5. ツール(露出など)を選択し、スライダをドラッグして調整します。
  6. [部分調整] ツールで背景レイヤーを選択すると、グローバル調整が画像全体に行われます。

ヒント:キーボードショートカットのbe を使って[描く]と[消す]ブラシツールの間でスイッチするか、altキーを長押しすることもできます。

ブラシサイズおよび硬さの変更

  1. 部分調整ツールまたはカーソルツールバーでブラシアイコンを選択します。
  2. ビューア 画像のどこかを右クリックするか、ブラシ設定をクリックします(青で囲んだアイコン)。
  3. ブラシ設定パネルが表示されます。スライダを調整してブラシを希望のサイズや過多さに設定します。

ヒント:(キーボードの)角かっこを使用すると、ブラシのサイズをすばやく調整できます。[キーまたは]キーを押すと、ブラシサイズがそれぞれ減少したり増加したりします。

筆圧サポートの有効化

Capture One Proは、Wacomなどのメーカー製の任意のタイプのペンおよびグラフィックタブレット使用したとき、適用された圧力を検出できます。

  1. 部分調整ツールまたはカーソルツールバーでブラシアイコンを選択します。
  2. ビューア 画像のどこかを右クリックするか、ブラシ設定をクリックします(青で囲んだアイコン)。
  3. ブラシ設定パネルが表示されます。
  4. ここで 筆圧を有効にするオプションボックスにチェックマークを付けます。

ヒント:グラフィックタブレット ペンのもう一方の端を消しゴムとして使用します。逆に、Altキーを押し下げたままにすると(Mac/Windows)、ブラシツールが消しゴムに変化します。

自動マスクの使用: パート 1

自動マスク機能は、街の風景画像における空や、(プレーン)背景のスタジオでモデル撮影等特定エリアを素早く選択するのに最適です。

  1. 部分調整ツールまたはカーソルツールバーでブラシアイコンを選択します。
  2. ビューア 画像のどこかを右クリックするか、ブラシ設定アイコンをクリックします。
  3. ブラシ設定パネルが表示されます。自動マスク オプションボックスにチェックマークを入れます。 

自動マスク: パート 2

  1. ビューアを開きます。ブラシサイズを調整 し、希望のエリア上で描きます。
  2. ズームスライダを拡大し、選択したエッジの拡大表示を行います(この場合は、空とビルの境目)。
  3. カーソルには真ん中に十字のある2つの丸があることを確認します。内側の丸のみが選択範囲に含めたいエリアと接触することを確認することが大切です。選択から排除したいエリアに内側の丸が触れていないことが大切です。この例では、内側の丸はビルに触れていません。
  4. 1回で大規模な選択をするより、小さな範囲をいくつも選択することをお勧めします。完了したら、(半透明で赤い)マスクを所定の位置にスナップします。ここでは、空のみが選択されています。
  5. マスクに不要な部分がある場合は、部分調整の消去(e)ブラシを選択し、半透明の赤い部分の上から線を描いて削除します。
  6. ブラシツールのドロップダウンメニュからマスクを表示しないを選択して、半透明の赤色のマスクを削除します。
  7. 選択完了後、必要な調整を行います。ここでは、露出、コントラスト、彩度が調整されました。
  8. 背景レイヤーを選択すると、画像全体にグローバルな調整を適用できます。

部分調整選択のコピーおよび逆転

  1. [部分調整]ツールを開きます。
  2. 現在のマスクのあるレイヤーを選択します。 
  3. 操作メニュ(下向き矢印)アイコンをクリックし、マスクをコピーオプションを選択することで、あるレイヤーから別のレイヤーへ部分調整選択をコピーできます。
  4. 操作メニュからマスクを反転オプションを選択することで、部分調整を逆転できます。
  5. その後、希望する調整を新しく選択したエリアに適用します。

塗りつぶし

[塗りつぶし] オプション ([操作] メニュ) は、広いエリアや選択したレイヤーマスクの複雑なエリアを素早く塗りつぶすのに最適です。

  1. 選択したいエリア周辺に線を描きます。
  2. 選択したエリアが結合していることを確認します。例 (上) の写真を見てください。この空中海岸線周辺を連続的に選択しています。
  3. 操作メニュアイコンから[塗りつぶし]を選択します。
  4. その後、希望する調整をこの選択したエリアに適用します。

特定の部分調整による直接描画

  1. 部分調整ツールタブを開きます。
  2. [部分調整]ツールでレイヤーを選択します。(有効になるとオレンジ色になります)。
  3. ブラシツールを長押しして、ドロップダウンメニュからマスクを表示しないを選択します。
  4. ツールを1つまたは複数選択して、スライダを特定の値に設定します。ここでは、露出とコントラストスライダが調整されました。
  5. 部分調整を描画します。ここでは、(左側の)目が選択されています。
  6. 必要に応じて、ブラシツールを長押しして、 部分調整の消去を選択して、マスクの不要な部分を削除します。

ヒント:キーボードショートカットのbおよびeを使用して、それぞれ描画と消去のブラシ機能ツールを切り換えます。

グラデーションマスクの作成

  1. 部分調整ツールタブを開きます。
  2. ブラシツールを長押しして、ドロップダウンメニュから[グラデーションマスク](g)を表示を選択します。
  3. クリックし、ビューアの希望する画像エリアにカーソルをドラッグします。新しいレイヤーが自動的に作成されます。
  4. ビューアで最初にクリックした箇所でグラデーションは濃くなり、ドラッグ・ドロップした場所に向け薄くなっていきます。選択した内容に不満がある場合は、先のセクションを上書きするように新たにグラデーションを行うことができます。
  5. 必要に応じて、カラー エディタおよび/または露出、シャープさ、モアレおよび透明度のツールでスライダを調整します。
  6. 消す (e) または マスクをかける (b) ブラシを用いてグラデーションマスクを編集できます。
  7. グラデーション マスク調整レイヤーをコピーして、他の画像ファイルに適用することもできます。

Capture One 6でグラデーションマスクを作成する別の方法について学ぶ。(グラデーションマスクはCapture One 7でのみ使用可能です)。

詳細

部分調整レイヤーでコントラストを追加する方法や、マスクの反転方法を含めた専門家のアドバイスを閲覧するには、[ヒントとチュートリアル]セクションにアクセスしてください 。