カラーエディタ

彩度 / 露出 / RGB読み出し / CMYK

カラーエディターを使用すると、イメージの中の他の色に影響を与えずに、狭いカラースペクトラムを選択および調整できます。

はじめに

カラーエディタには3つのモードがあります:ツールのタブから基本、高度、スキントーンが選択できます。基本は、標準編集のために作成されており、一方詳細設定は、彩度、明るさ、色合いおよび滑らかさに関して定義された色調編集用のより専門化されたツールです。

カラースライスの調整– 基本

  1. [カラー] ツールタブを開きます。
  2. [カラーエディタ] ツールの基本タブを選択します。
  3. カラーピッカー (丸で囲んだ部分を参照)を使用して、補正が必要なビューア内の画像から色を選択します。
  4. アクティブなスライスは調整できます。(カラースライスの外側の角にある)ドットをクリック・ドラッグし、色の選択を絞ったり広げたりします。
  5. 滑らかさ* スライダを調整します。 
  6. 色相回転、彩度、明るさスライダも希望に応じて調整します。

*滑らかさは、カラースペクトラムで、どこまで調整を適用するかが示され、これにより選択的に変更された色が自然な見かけになります。

個々の色を調整する - 高度 Pro

  1. [カラー] ツールタブを開きます。
  2. カラーエディタ ツールの 高度 タブを選択します。
  3. カラーピッカー (丸で囲んだ部分を参照)を使用して、補正が必要なビューア内の画像から色を選択します。
  4. View Selected Color(丸囲み箇所参照)範囲 にチェックマークを付けて、ビューアの中の選択されていない色で全て自動的に彩度を減じるようにします。
  5. ボーダーマーキングドットを引いたり押したりして、調整可能なエリアを変更します。
  6. 滑らかさ*スライダを調整します。
  7. 色相ローテーション彩度および明るさスライダを使用して選択した色を調整します。
    色はビューアですぐに調整されます。
  8. +アイコンを押すことで、さらに調整を追加できます。

*滑らかさは、カラースペクトラムで、どこまで調整を適用するかが示され、これにより選択的に変更された色が自然な見かけになります。

1つの色以外の調整 Pro

  1. [カラー] ツールタブを開きます。
  2. カラーエディタ ツールの 高度 タブを選択します。
  3. カラーピッカー (丸囲み箇所を参照)を使い、 修正が必要なビューア 内の画像から色を選択します。
  4. View Selected Color(丸囲み箇所参照)範囲 にチェックマークを付けて、ビューアの中の選択されていない色で全て自動的に彩度を減じるようにします。
  5. ボーダーマーキングドットを引いたり押したりして、調整可能なエリアを変更します。
  6. 滑らかさ*スライダを調整します。
  7. 反転部分アイコンを押します。(丸囲みを参照してください)。 
  8. 色相ローテーション彩度および明るさスライダを使用して選択した色を調整します。
    色はビューアですぐに調整されます。
  9. +アイコンを押すことで、さらに調整を追加できます。

*滑らかさは、カラースペクトラムで、どこまで調整を適用するかが示され、これにより選択的に変更された色が自然な見かけになります。

カラースキーマをICCとして保存

  1. 必要に応じて全ての色を調整します。 
  2. プリセットアイコンを押して、ICCプロファイルとして保存…を選択します。
  3. 新しいICCプロファイルに名前を付けます。これで新しいICCプロファイルが、プロファイルフォルダに保存されました。
  4. [ICCプロファイル] ドロップダウンメニュの[基本特性] ツールで、他の画像に新しいICCプロファイルを追加します。
    ICCプロファイルは、その他セクションにあります。

カスタムカメラのICCプロファイルの作成方法と、複数のコンピュータでのICCプロファイルの使用方法は、[ヒントとチュートリアル]セクションで閲覧できます。

カラースキーマをプリセットとして保存

  1. 必要に応じて全ての色を調整します。
  2. [プリセットの管理] アイコンを押して、[ユーザプリセットを保存]をメニュから選択します。選択します。
  3. 希望のプリセット調整内容にチェックマークを入れ、保存を押します。 
  4. 新しいカラープリセットプロファイルに名前を付けます。これで新しいカラープリセットが、Capture Oneのプリセットフォルダに基づいて、カラーエディタフォルダに保存されました。
  5. プリセット管理メニュから新しいカラープリセットにアクセスして他の画像に適用します。(新しいカラープリセットは ユーザプリセット の見出しに表示可能です)。

スキントーンのニュートラル化 Pro

  1. [カラー] ツールタブを開きます。
  2. [カラーエディタ] ツールでスキントーンタブを選択します。
  3. カラーピッカー を使い、 修正が必要なビューア 内の画像から色を選択します。(100%画像表示に顔/肌の面積を大きくすることで役立つ場合があります)。 
  4. 滑らかさ*スライダを調整します。
  5. 色相ローテーション彩度、明るさ均一** スライダを使用して選択した色を調整します。色はビューアですぐに調整されます。

*滑らかさは、カラースペクトラムで、どこまで調整を適用するかが示され、これにより選択的に変更された色が自然な見かけになります。

**均一スライダを調整することで、色相を選択した色の方向に引き寄せることができます。

詳細

カラーエディタのヒント、アドバイスやお勧めの使用法: 

  • カラーのより大きな領域で作業すると、画像が不自然に見えるのを避けることができます。
    スライスにより、選択されたカラースライスの色調にすべての調整を適用することができます。
  • 黒丸は選択された色の値を示し、薄い黒線は滑らかさ効果の端を示します。
  • スライダーの下のメニューから色のスライス1つだけを選択することも、一度にすべての色に影響させることが必要な場合は、グローバルに選択することもできます。
  • 影響を受けるエリアを決定するために、[選択されたカラーレンジを表示]にチェックマークを付けます。
    これで、選択されていないすべての色の彩度が減じられます。
  • 彩度スライダーが作成され、最大80%両方に調整できます。
    選択した色で繰り返し2、3回彩度を減じることで、他の色を保存しながらモノクロのエリアを作ることができます。
    1つのイメージで最大30の選択した色の変化を起こすことができます。
  • 均一スライダーを調整することで、色相を選択した色の方向に引き寄せることができます。
  • プリセットのように、ICCプロファイルを将来の作業に適用できます。
    Capture Oneで作成したICCプロファイルは、サードパーティ製アプリケーションに転送でき、ワークフロー全体で首尾一貫したカラースペースを使用することができます。