メタデータ

メタデータ / プリセット / レート / フィルタ

メタデータツールを使用すると、カメラから記録された基本メタデータに加えて、キーワードおよび特定の情報を挿入することができます。詳しくは・・・

はじめに

メタデータは写真を整理するのにとても便利で、また、画像のシュルイや写真作成者の表示をして画像に分類するのに使用できます。独自のメタデータスタンプを設定し(著作権やクライアントプロファイル等)、これらを複数の画像に適用することができます。ユーザー独自のメタデータプリセット(値の集合体)を作成することもできます

メタデータタブにキーワードを挿入することでメタデータを追加します。または、スタイルやプリセットを適用することにより、メタデータを画像に追加することができます。メタデータプリセットは、多数のプリセットを含むスタイルとして適用できます。または1つのメタデータカテゴリからのメタデータを含む1つのプリセットとして適用できます。

メタデータプリセットの作成

  1. メタデータタブを開いて、1つ以上のメタデータカテゴリにキーワードおよび情報を挿入します。
  2. 小さなプリセットアイコンをクリックしてユーザー プリセットを保存を選択します。プリセットを保存ウィンドウが開きます。
    注:[プリセットの保存] ダイアログボックスにより、ユーザーは画像からストリップしたい特定のメタデータのチェックを外すことができます (ストリップに関する詳細は下記を参照)。
  3. 不要なメタデータ値のチェックマークを外して、保存ボタンを押します。保存ダイアログが開きます。
  4. 名前を付けてプリセットを保存します。

これでメタデータプリセットを作成しました。保存するメタデータプリセットの数に制限はありません。任意の数のプリセットを任意の数のイメージに適用できます。これはスタックされたプリセットと呼ばれます。★スタイルとプリセットを参照してください。

特定のメタデータを出力ファイルから削除

  1. [出力] ツールタブ から [現像設定] ツールにある[メタデータ] タブをクリックします。
  2. 出力ファイルに中に含めないメタデータカテゴリのチェックマークを外します。
    これで現在の現像設定が更新されて、チェックマークのあるカテゴリだけが含まれるようになります。

Getty Imagesメタデータフィールドの手動または自動追加

  1. [メタデータ] ツールタブ から、[ゲッティイメージ] タブを選択します。
    貢献者Getty Images固有フィールドにここで入力します。
  2. またはプリセットの管理アイコンをクリックして、「プリセットをインポート…」オプションを選択します。
    これで、関連するファイル(.txtなど)を選択すると自動的にメタデータ情報が追加されます。

「自動的にサイドカーXMPを同期」の起動または選択解除

  1. (丈夫のメニューバーで)Capture Oneを開いて環境設定を選択します。環境設定ダイアログボックスのイメージアイコンをクリックします。ここで、(メタデータセクションの中の)「自動的にサイドカーXMPを同期」ドロップダウンメニューから3つのオプションの1つを選択します。

注:素早くリロードしたり、メタデータを同期化するには、[メタデータ]ツールを選択し、アクションメニュー(下向きの矢印)アイコンをクリックして、2つのオプション(リロードまたは同期化)のいずれかを選択します。

詳細

メタデータはCapture One設定ファイルに保存され、必要に応じて出力ファイル(JPGなど)に埋め込むことができます。ファイル名、レーティング、キャプションおよび著作権などの基本メタデータは変更できます。写真をインポートする際に、キャプションと著作権情報を設定することもできます。複数の写真を加工する必要がある場合や、 Webコンタクトシート を作成する必要がある場合に、これは時間の節約になります。出力ファイルからメタデータをストリップしたい場合でも、 現像設定を作成することにより簡単にこれを行うことができます。

XMP(Extensible Metadata Platform)のような標準メタデータフォーマットのRAWファイルに関連したメタデータがある場合は、Capture Oneが自動的にメタデータをリロードし、.XMPサイドカーをすでにCapture Oneで作成済みのメタデータと結合します。

Capture One は以下4つの形式でメタデータを読み取り、格納することができます:埋め込み式EXIF、埋め込み式IPTC-IIM、埋め込み式 XMP、.XMP サイドカーファイル – これら4つのメタデータ形式は自動的にアップデートされ、読み取りが行われます。

リロードと自動ローディング

メタデータツールのアクションメニューでリロードを押すことで、外部アプリケーション(Media Proなど)でメタデータに行われた変更を表示できます。

[環境設定] > [画像] > [ メタデータ] の自動読み取りチェックボックスをチェックすれば、メタデータを自動で読み取るようにCapture One を設定することができます。またバリアントとXMPサイドカーの間でメタデータを同期することもできます。望ましい同期オプションがチェックされていない場合は、ソフトウェアはサイドカーの値を使用します。そうでなければ、Capture Oneの内蔵値が適用されます。

テキスト補完機能

Capture One には全てのメタデータ(テキスト)フィールドに対応するテキスト補完機能があります。Capture One はユーザーが以前のメタデータ インスペクターの各フィールドに入力したテキストを記憶しています。テキストはユーザーデフォルト設定に保存されます。

ユーザーがフィールドテキストを編集する際に先に入力されたテキストがポップアップリストで表示されます。リターンキーを押し、テキストを選択します。

[アクション メニュー] (下向き矢印) アイコンから、[メタデータの補完内容をリセット]を選択し、先に入力したテキストを消去します。(警告:このアクションを元に戻すことはできません)。