ブラウザ

イメージブラウザ / サムネール / バリアント / ルーペ

イメージブラウザは、フォルダー、アルバム、スマート アルバム、プロジェクト、グループおよびカタログから、選択した画像のサムネールを表示します。

サムネイルの参照

画像の閲覧には、3つの異なるサムネール表示オプションがあります:お客様の好みに合わせて、フィルム ストリップ、グリッド ビュー、リスト ビューからお選びいただけます。イメージブラウザツールバーからお好みのサムネール表示オプションを選択します。(左上隅に青で囲まれたサムネイルのオプションを参照してください)。  

イメージブラウザでは、編集したサムネールを表示したり、画像がクロップされている場合は全体の表示やマスクを表示します。イメージブラウザを用いて、画像コレクションをナビゲートしたり、ファイルを選択することができます。イメージブラウザではさまざまなアクションを行うことができます。例えば、スター評価や色のタグの追加や、拡大機能を落ちいてサムネールを拡大してみることができます。

ヒント: ビューアを隠すことによってイメージブラウザを最大化するのも簡単です。[表示] > [ビューアを隠す] の順にアクセスするだけです。

フィルムストリップビュー


フィルムストリップビューでは、イメージビューアにより多くのスペースが与えられるので、イメージ数がより少ないセッションでワークフローを加速するために役立ちます。ブラウザー画面を上下にドラッグして、サムネールのサイズを調整します。(これにより、選択したブラウザサイズに合うように自動的にサムネールのサイズが変わります)。

グリッドビュー


グリッド ビューでは、矢印キーを用いて上下左右にスクロールが自在にでき、たくさんの画像を素早く閲覧するのに最適です。 

 

リストビュー


リスト ビューではファイルの詳細 (絞り値とシャッタースピード設定等) が表示され、フォルダーやアルバムでシーケンシャルな表示を行うことができます。   

 

ブラウザ表示モード

以下のように、究極の使いやすさを楽しんでいただくためにいくつかのイメージブラウザ表示オプションがあります:

  • [表示] > [ブラウザの表示] の順にアクセスし、ビューアと同時にイメージブラウザを表示します。選択されると、本オプションは [ブラウザを隠す]に変わります。
  • [表示] > [ブラウザ自動モード] の順に選択すると、ユーザーが自動的にポップアップ画面が表示されるページの下*にカーソルを移動するまで、ブラウザは表示されません。カーソルを別の場所に移動すると、ブラウザは画面から消えます。選択されると、本オプションは [ブラウザ手動モード]に変わります。
  • [表示] > [ブラウザを右に移動] の順に選択すると、ブラウザサムネールの位置がユーザインターフェースの右側に移動します。選択されると、本オプションは [ブラウザを下に移動]に変わります。
  • [表示] > [ブラウザズーム] の順に選択すると、別のサムネールサイズを選択できます。
  • [表示] > [ブラウザラベル] の順に選択すると、3つのオプションからお選びいただけます。[オフ] はスター評価と色のタグを隠します。[編集モード] は、ブラウザ上で直接スター評価と色のタグの編集を可能にします。[状況モード] は、スター評価と色のタグを表示しますが、編集機能はありません。  
  • [表示] > [ブラウザツールバー を隠す]の順に選択すると、サムネール表示、サムネール並び替えオプション、検索機能、サムネールズームスライダーをツールバーから消すことができます。

*[ブラウザを右に移動] オプションを選択している場合、右側にカーソルを移動することでサムネールが再表示されます。

ズーム スライダー:サムネイルのサイズ

ズームスライダー(ブラウザウィンドウの右上角にあります)をドラッグしたり、[表示] > [ブラウザズーム]を選択することで、サムネイルのサイズを調節および設定します。フィルム ストリップ モードを使用する場合はズームスライダーはありません。

詳しい説明

  • ブラウザには使いやすい 検索機能が付いています。テキスト検索、カラータグ検索、星評価検索の方法についてはこちらをご覧ください。
  • イメージブラウザ内のループツールlの使い方

サムネールアイコン:調整済み

調整済み:画像調整を適用するとすぐにアイコンが表示されます。全ての調整履歴は [調整クリップボード] にリストされています。

サムネールアイコン:オフラインおよび表示専用

オフライン:画像がオフラインのとき、?マークのアイコンが表示されます。現在の場所で参照されるカタログやファイル内にある画像ファイルはオフラインで閲覧可能です。 ここをクリックしてオフラインブラウジングについてもっとよく知る。

表示専用:目マークのアイコンはファイルが表示専用であることを示しています。つまり、ユーザーは画像を表示することはできますが、編集を行うことはできません。

サムネールアイコン:処理済

処理済:オレンジ色の歯マークアイコンはファイル処理中にサムネールに表示されます。処理が完了するとアイコンは白に変わります。

また、このアイコンは、[調整] > [処理履歴] を選択することにより、ユーザーがアクセスできる[バリアント処理履歴] をファイルが記録していることを示しています。

サムネールアイコン:表示警告および読み込み専用

表示警告:!マークは、画像の表示に問題がある可能性があることを示しています。これは、画像がCapture Oneでこの先リリースされるバージョンの設定を持っているときにも表示されることがあります。

読み込み専用:ファイルがサポート対象でない場合、またはファイルを編集するアクセス権がない場合は、重ねられた鉛筆(MAC)が画像の右下角に表示されます。カメラまたはCDにある画像ファイルを編集しようとするときに、この読み取り専用アイコンが表示されます。
注:「JPEG編集を有効」オプションをチェックしていない場合は、JPEGファイルに読み取り専用アイコンがつきます。

サムネールアイコン:バリアント

バリアント:特定の画像に多数のバリアントがある場合は、バリアントスタックを折りたたんだり展開したりすることができます。サムネールの左上隅の小さなアイコンをクリックします。詳しくは こちら

サムネールアイコン:動画

動画:動画ファイルには、サムネールの中央にムービーカメラのアイコンが表示されます。サムネイルを選択すると、ビューアでビデオを再生できます。詳しくは こちら